Skip to content

人気映画監督、細田守について

最近人気の映画監督、アニメーターである「細田守」とはいったいどういう人なのでしょうか。細田守の父親は鉄道職員で、一人っ子として生まれ育ちました。子供の頃は吃音があったため、小学校1、2年のときは特別支援学級に通っていました。

中学の時に、劇場版「銀河鉄道999」や、「ルパン三世 カリオストロの城」に衝撃を受けたそうです。この時に、劇場パンフレットに載っていた絵コンテを見て、アニメーションの世界に強く惹かれました。当時、テレビ番組「YOU」の自主制作アニメ特集を見て、自分と同じ学生がアニメを作っていることを知った細田氏は、中学3年の時に、コピー用紙を1000枚ほど用意し、飛行機の約1分のアニメーションを製作し、学内で上映しました。

このことから、細田氏が当時からアニメーションに強く惹かれていたことが伺えます。そして、高校1年のとき、細田氏は東映動画制作の角川映画、「少年ケニヤ」(1984年、大林宣彦監督)公開のアニメーター公募を知り、自主制作アニメを応募して合格し、上京を薦められますが、学校の試験があったため断念したと言います。大学生になった細田氏は、現代美術や映画などの実写映像に強い興味を持ち、映画サークルで実写映画を50本以上製作しました。

これらの実写映画の大半はビデオアートで、舞踏のパフォーマンスを「エフェクター」で処理したインスタレーション作品など作成しましたが、映画の形になっているのは2本のみで、フィルムフィスティバルに出しましたが落選しています。大学卒業後、スタジオジブリの研修生採用試験を受けて最終選考に残りますが、不採用となりました。その後、「少年ケニヤ」で声をかけてもらった「田宮武」プロデューサーに、東映動画(当時)を紹介され、1991年にアニメーターとして入社しました。山下高明に師事し、動画を経てOVA(オリジナルビデオアニメ)「Crying フリーマン5 戦場の鬼子母神」で初の原画、アニメ映画「Coo 遠い海から来たクー」で、作画監督補佐を担当することとなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *