Skip to content

代表作品

現在脂の乗り切った感のあるアニメーション監督であり、アニメーターでもある「細田守」氏の代表作品について紹介していきます。「時をかける少女」は、2006年7月15日に角川ヘラルド映画(現角川映画)から公開された、日本のSFアニメ映画。筒井康隆の同名の小説を原作としており、監督は細田守氏、アニメーション制作はマッドハウスが手がけました。各国の映画祭などで多くの賞を受賞するなど、高い評価を受けた作品です。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある」でした。興行規模はミニシアター並みであり、そのために、上映館も発表当初は全国で21館のみと非常に少なかったのですが、「ゲド戦記」などの同時期に公開されたアニメーション映画に比し、宣伝規模は極めて小さかったですが、インターネットなどによる口コミ効果により、公開後1か月を過ぎてからも、テアトル新宿などでは連日立ち見が出るほどの観客で溢れかえり、配給会社の角川ヘラルド映画は急きょ上映館を増やすなど異例の対策をとりました。しかし、上映用のフィルムの数が14本しかなかったため、上映が終わった館で使っていたフィルムを、次の上映館へと使いまわす方式で各地で順次公開され、最終的には上映館は延べ100館以上、2007年4月20日のDVD発売日まで9か月にわたり公開が続くというロングラン興行となりました。日本における最終入場者数は18万8092名に達し、興収2億6439万40円と発表されています。その後も細田氏の活躍は続き、最新作ですと「バケモノの子」などの有名な作品を手がけるようになりました。

Published in代表作品

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です