Skip to content

時をかける少女-そして、人気監督へ

細田氏の代表作である「時をかける少女」は、2006年7月15日に角川ヘラルド映画(現角川映画)から公開された、日本のSFアニメ映画です。監督は細田守氏、アニメーション制作はマッドハウスが手がけた作品で、各国の映画祭などで多くの賞を受賞するなど、高い評価を受けた作品です。。日本における最終入場者数は18万8092名に達し、興収2億6439万40円と発表されています。その後も細田氏の活躍は続き、最新作ですと「バケモノの子」などの有名な作品を手がけるようになりました。細田守氏がこれほどにまで大衆に支持され、人気監督になった理由はさまざまですが、一般論としましては、やはりその独特の世界観が挙げられるでしょう。「日常」を美しい価値観で描写し、その一方で「非現実」をリアルに持ち込む・・・といった手法が斬新だと観客には思えたようです。「日常」の中の「非日常」・・・ここにこそ細田守氏の真骨頂があると言えるでしょう。

Published in代表作品

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です