Skip to content

細田守監督の経歴

最近人気の映画監督、アニメーターである「細田守」は、学生時代に「銀河鉄道999」と、「ルパン三世 カリオストロの城」に衝撃を受けたそうです。その影響から、アニメに並々ならぬ執着心を持つようになります。学生時代からアニメーションの自主制作作品を作るなど、当時から積極的にアニメーション製作に携わっていたと言うことになります。その後、高校、大学とアニメーションの製作への意欲は十分で、自主制作のアニメーション作りに熱心でした。その後本格的にアニメの製作の仕事に就いた細田氏は、演出家・監督時代の1995年、金子伸吾氏の紹介で、「十二戦支 爆発エトレンジャー」第27話Aパートの絵コンテを匿名で担当しました。1996年には人気漫画「るろうに剣心」の絵コンテを「遡玉洩穂」名義で担当しました。どちらも東映外での仕事でしたが、当時の細田氏は、アニメーターとしての専属契約をしていましたので例外的に認められたそうです。同年、東映社内で、演出採用試験が初めて実施され、これに合格。1997年の「ゲゲゲの鬼太郎」演出家として本格的にデビューしました。その後、「ひみつのアッコちゃん」の演出に関わったのち、1999年には「劇場版デジモンアドベンチャー」の監督に抜擢されることになります。続けてテレビシリーズ「デジモンアドベンチャー」の第21話を演出し、2000年には「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」を監督し、そのクオリティの高さから業界の内外より注目を集めました。この頃、演出家として影響を受けた人物として「山内重保」、「幾原邦彦」、「古橋一浩」らの名を挙げています。

Published in細田守監督の経歴

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です